北野天満神社

令和2年 七五三詣

令和2年08月22日

子どもの成長を感謝し、今後のすこやかな成長をお祈りします

 

 

 

七五三とは、古くは三歳の「髪置」(それまで剃っていた髪を伸ばし始める)、五歳の袴着(初めて袴を着ける)、七歳の「帯解」(小袖に縫付けられていた紐を取り、初めて帯を締める)という儀式で、江戸時代より広く行われるようになりました。

 

すこやかな成長と幸せを願い、男児は三歳と五歳、女児は三歳と七歳に氏神様へお参りをしましょう。

 

 

お子様の年齢については「満」「数え」のどちらでも可です。伝統としては「数え」での年齢ですが、最近ではどちらのお子様もお参りにこられます。お子様の成長の様子や、家族の状況などもふまえて、選ぶと良いでしょう。 また、時期については11月15日が正式なお祝いの日ですが、最近はお参りに来られる方も10月末~11月末と分散傾向にあります。最も多いのが11月15日前後の土・日曜日です。

※北野天満神社では、ひと家族様ずつでの御祈祷になりますので、ご予約をお願いしております

※御祈祷中の撮影可能

 

 

 

 

 

 

〜令和二年 七五三〜

七歳:女児(平成25年・平成26年生)

五歳:男児(平成27年・平成28年生)

三歳:男児・女児(平成29年・平成30年生)

 

※初穂料

一人:8,000円より志

二人:12,000円より志(兄弟に限る)

三人:15,000円より志(兄弟に限る)